患者のために医療ミスを無くすべきです

病院の医療ミスが増えてきています。
ミスは病院側の責任になっていて社会問題に発展しているので、医療ミスは無くさなければなりません。
治療の問題だけではなく、入院患者がベッドから転落するようなものも管理上の不注意と認識されて訴訟問題になっています。
腰痛や発熱などがあった男性に重度の障害が残ったり、ペースメーカーの植え込み手術を実施する予定だったのにもかかわらず、手術が延期されたことが原因で不整脈を発症してしまったケースもあるので、医療関係者は未然に防がなければならないことをそのままにしておく習慣が身に付いてしまっています。
様々なミスを研究している人もいるので、医師側と患者側という二つの視点から色々なことを調べていく必要があります。
将来的には原因を突き止めて日本から医療ミスを減らしていかなければなりません。
最悪の状態を防ぐためには小さいところから気を付けることが重要です。
現場に嫌気がさしたりして悩んでいる人もいますが、まずは患者の立場を理解してあげましょう。

東京の中川歯科クリニック

お子様の歯列矯正に

最新投稿